定期的な受診

早期治療を目指して受診する方法

どこの町でも歯医者が多くあり、そして苦手意識を持ってしまうものです。しかし、最近では技術や医学の進歩により治療の期間の短縮や、多様なサービスを受けるこができます。歯と末永く付き合えるように今から歯医者への受診を変えてみるのいいかもしれません。多くの方が歯医者を受診のタイミングはまず歯が痛くなったと異常があった時です。学校や幼稚園など、定期的に検診がありますが大人になると自己管理ですので、体の健康診断はあるものの歯の検診はないと思います。お勧めしたいのは歯の検診を定期的に受ける事です。そうすると、検診の際に歯石がとれていないなど、歯医者から言われるかもしれませんが、虫歯と違い治療が必要であっても数回で受診が終わります。結果的に虫歯を防ぐ事になり、早期解決になります。

ニーズに合った歯医者

最近の歯医者は歯科と書いてある看板だけでなく、口腔外科や審美歯科や矯正歯科などお口や歯の様々なニーズに応じて専門に行っている歯医者が多くなりました。ただ、虫歯の治療や入れ歯の管理をしている昨今のイメージとは違い進化しています。審美歯科では飲食や喫煙などで着色してしまった歯をホワイトニング剤で削らずに白くするホワイトニングや金属アレルギーの方用にセラミックと言われる陶器材料でできた素材を用いた歯に変え変色をしにくい歯にする技術を施したりします。また、歯並びをきれいにする歯列矯正を主とする矯正歯科も多くあります。そして口腔または口の周りの組織や歯の外傷や腫瘍や顎関節症などの疾患などを診てくれる口腔外科専門医者もいて、それぞれの分野に特化した歯医者が増えています。

ページのトップへ戻る