鼻や喉の治療

現在のいびきの治療方法

いびきをかいているかは、自分ではわかりませんが、家族に指摘をされて驚くこともよく聞く話です。 普段は静かに寝ているからこそ、指摘されたときに驚くのです。このような人は、単に疲れていたり、寝不足が続いていたりしたときに起こる、散発性のいびきと言われるものです。いつも寝ているときに起こるものは、習慣性のいびきと言われています。この、習慣性のいびきは、単純いびきと、睡眠時無呼吸症候群に関わるいびきとに分けることができます。睡眠時無呼吸症候群に関わるいびきの場合は、寝ている間の呼吸が止まってしまうという症状が出るので、放置しておくことは危険です。 耳鼻咽喉科などへ行き、医師に相談することが望ましいです。治療方法は症状によりますが、生活習慣を改善したり、マウスピースを使用したり、扁桃肥大などの原因箇所がはっきりしていれば手術をすることもあります。

マウスピースは医師の判断で保険適応にもなる

睡眠時無呼吸症候群と診断されると、軽度の無呼吸症候群の場合や、単にいびきを止めたいという場合には、マウスピースを治療で使用します。治療でマウスピースを使うときは、保険適応になるので、1万円くらいで、歯科でその人の顎の骨格に合ったマウスピースを作ってもらえます。ただし、鼻に何か疾患があったり、歯がぬけていたりするとマウスピースはつけられませんので、そちらの治療が済んでからということになります。 マウスピースをつけると前顎が数ミリだけ前に出るので、それによって咽頭部が広がります。寝ているときに、舌が下に落ちて気道がふさがるということがなくなるために、空気の通りが良くなって、呼吸をすることが楽になりいびきが改善されます。口を開けて寝る癖のある人は、口呼吸を治すこともできます。

ページのトップへ戻る